RSS
 

「冷え取り健康法」を門川市長に直訴

弊社が京都市長宛てに送付した文章です (一部、文面を変更しています)。

−−−−−−

門川 市長 様

高騰する医療費の対策をどの様に考えておられるのか?

昨今は製薬会社と医療機関と政界ががっちり組んで、なれ合いで事が運ばれている様に思えてなりません。


当方は、冷え取り健康法に出会って約20年になります。

「冷えは万病のもと」という故人の教えで、病を治すのに温泉地では古くから湯治が行われています。

今は時代も変わり、各家庭にお風呂があります。つまり、簡単に自宅で半身浴が出来る時代です。

しかし残念な事に、多くの方がシャワーで石鹸を流すだけの入浴方法で済まされているのが実体です。

半身浴で20分温めるだけで、自己治癒力が高まり、病気に打ち勝つ抵抗力のある身体になります。

お金がかかりません。


最近、当方は、「冷え取り勉強会&温活マルシェ」 in KYOTO (5/22) 洛東教会の講演に参加しました。

講師は吉村真紀 先生、長崎在住の医学博士です。

この先生は、学問的に冷え取り健康法の良さに取り組んでおられます。

先生自身が大病になり、冷え取りに出会って克服されたそうです。


体温が1℃下ると、自己の免疫力が30%低下します。

体温は36.5℃以上に上げる事が大事です。

35℃以下だと色々の病気を引き起こします。

半身浴は毒素も排出します。


ただ、お風呂の入り方を指導するだけで病気が治る、この問題に取り組まれた先生方が医師会から追放されたなど聞いた事がございます。


私の手元に冷え取り健康に取り組んで元気になった1000人の病名別の体験集があります。

残念ながら薬事法で現在は世間には出ておりません。


京都は、他都市に比べて底冷えのする土地柄です。又夏に冷房で冷やしたつけが、秋に病気になって出てきます。


京都でも僅かな一握りの方が、「冷え取り健康」を実践しておられますが、是非全国に先駆け、門川市長の音頭でメディアに取り上げて頂きたく思っています。

是非、関係部署の窓口をご紹介頂きます様にお願い申し上げます。

必ず医療費高騰の歯止めになると信じます。


当方来年80歳です。

すこぶる元気いっぱいで過ごしています。

京都が他の都市に先駆け、「冷え取りの町」として市長が率先し旗をふり続けられたたら、こんな「薬に頼らない自然な健康法」が全国に広まるでしょう。

そして「健康都市京都」が出来ると思います。

当方、人生最後にお役に立つ健康法を広めたいと願っております。


関連著書

医者知らず「冷え取り」 完全健康人生 / 進藤義晴 著

「体を温める」と病気は必ず治る / 石原結實 著

体温を上げて免疫力アップ / 池田慶 著

免疫力を高める生き方 / 新谷弘実 著

体温免疫力で病気は治る / 安保徹 著

コメント

[コメント記入欄はこちら]

■ 威哥王の最新版や威哥王・・・

威哥王の最新版や威哥王の個人輸入代行なら専門店・威哥王UP!!あなたが本当に 満足できる正規品・中美保健の威哥王を厳選しました。安心のコンビニ後払いで威哥王 の商品到着100%保証。
威哥王 | 2017-08-11 16:44 |
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ